※施術例に関しては、自分の勉強を兼ねて書いております。

 ご覧の皆さまには何となくの雰囲気を楽しんでいただければと思います。

 

 

3か月ぶり2回目のご来院

S様 60代 女性

主訴 両膝の痛み

副訴 左の足首が腫れる

既往歴 胆石摘出 喘息

昨年少しの段差から飛び降りたら右膝に痛み、その後膝に水がたまった。

その前の年は左膝に痛みが出ていた。

 

初回 10/19

お話を伺った時点で、胆嚢からの膝痛と判断

左右膝窩筋力(-)⇒AK-fix、後頭骨刺激後右が残る

右膝関節ハイパー、左膝関節ハイポ感

胆嚢タッチで右膝窩筋力(+)⇒胆嚢リリース(胆嚢無いので、周辺組織リリース&圧力調整)

自律神経の疲労が観えたので、頭蓋調整

で、ひとまず様子見て早めにまた来てくださいね~。の次回が

 

2回目 1/12

前に早めにまた来てねって言われたから、との事で来院。3か月ぶりですが(゚Д゚;)

膝痛に関しては最近少し出てきたかな?くらいでほとんど生活上問題なし。

前回来院時にあった、不眠等も良くなったとの事でした。

チェック等々で寛解の判断。

また思い出したら来てくださいね('ω')ノ

 

考察

胆嚢は特に脂肪の消化に関連する臓器ですが、カイロプラクティックでは膝窩筋の弱化につながると言われています。

膝窩筋は膝が逆方向に延びてしまう『反張膝』を防ぐ筋です。この筋がうまく機能しないと膝痛の要因になる事があります。

 

今回のケースでは胆嚢自体が手術で無いので、この方に関していえば付き合っていかなければならない弱点のようなものです。

ただし、食習慣の改善やカイロプラクティックでのメンテナンスで不調を表に出しずらくすることは今回のように可能な事が多いです。

今回はたまたま早く痛みが取れましたが、通常数回の来院をおすすめしております。

すぐ痛みが取れて良かったですねSさん♪

 

タグ

Please reload

カテゴリー

アーカイブ

Please reload

タグ

Please reload

『肩こり・腰痛』本気で良くしたいなら、仙台市青葉区の落合カイロプラクティック