ケースレポート:脚の痺れ

仕事の関連で、定期的にケースレポートを書いています。

専門用語なども含まれますが、こんなことを考えながら施療を行っているんだと言う事が

少しでも伝わればと思うので、そのまま載せますね('ω')ノ

 

 

 

【クライアント】

Oさん 女性 30代

既往歴 以前事故に遭ってから左大腿前面が痺れている

    鉄欠乏性貧血

    動脈硬化

 

 

主訴:急性の左大腿後面痛

 

 以前から左大腿前面の痺れは感じていたが、それが3日前に突然大腿後面痛が起こって不安になり来院。原因は思い当たらないとの事だが、これまでも長く立っていると腰が痛くなることがあったため、それが脚に来たのかな?(ちょうど3日前に子供の野球の応援で寒い中長く立っていた)との事。

前面の痺れのように、ずっと治らないのではないかと不安を感じている。

病院にはかかっていないとの事だが、かなり痛そうなので、検査次第では病院をおすすめしますとの事で、了承をいただき施療に入る。

 

 

【検査所見】

視診:立位、座位ともに痛みからの逃避性の姿勢は見られない。

   太っているわけでは無いが、お腹が出ている。

   腰部前弯強い。

 

ROM:立位前屈の動き初めにピッと臀部に痛みが走るが、制限はなし。

    座位腰部左回旋でL1付近に痛みと可動制限。

 

触診:L1棘突起に圧痛

   L1-LP

   左仙腸関節にハイパーモビリティ

   左PSIS外側やや下に強い圧痛

 

整形外科学的検査:ケンプテスト(-)

         SLR(-)

         PTR・ATRともに正常

 

MMT:両拇趾背屈正常

    両足関節背屈正常

    左大腿直筋弱化

    左大腿筋膜張筋弱化

 

 

【】

 腰椎の病変を示すような所見が見られなかったため、治療に入る事にしました。

 座位での左腰部回旋時と立位前屈の始まりでのみ痛みが出ることから、大腿後面の痛みは殿筋群のトリガーポイントによる関連痛と考えた。左の仙腸関節のハイパーモビリティの安定が、トリガーポイントの関連痛を消失させると考え、以前から感じていた左大腿の痺れへのアプローチで四頭筋の筋力が回復することで、結果的に症状の改善につながるのではと考えた。

 

 

【アプローチ】

L1-LPに対し、座位でモビリゼーション

座位にて、左PSIS外側やや下の圧痛点に押圧を加えながら、腰部左回旋保持(約1分)

急性痛なのと、お腹のポッコリが気になったので、循環を良くするため、四肢の屈曲伸展を用いてリンパ・静脈のポンプ。

 

 

【施療後の評価】

L1棘突起圧痛残る

L1-LP可動性確認

左仙腸関節のハイパーモビリティ軽減

左PSISの圧痛かなり軽減

左大腿直筋筋力正常

左大腿筋膜張筋筋力正常

腰部前弯の軽減と合わせて、お腹のでっぱりも軽減。

座位での腰部左回旋時痛は減少。

肝心の左大腿後面の痛みは、まったく変わらないとの事。

 

 

主観にはなるが、軽快しているようには見えるため、次回の施療もこのまま継続の方針。

合わせて、大腿前面に感じていた痺れが消失していたため、Oさんの施療に対するモチベーションは維持できそうと感じた。

 

 

続く…

 

Please reload

カテゴリー

アーカイブ

Please reload

タグ

Please reload

『肩こり・腰痛』本気で良くしたいなら、仙台市青葉区の落合カイロプラクティック