今日は、若手二人を相手に

 

オーソペディックテスト(整形外科学的検査)の勉強会でした

 

 

 

 

検査技術の習得は地味で大変ですが、問題部位の検出が出来なければ施療も何もありません

 

 

 

腰が痛いのは、腰のどの部分がどうなっているから痛いのか?が検出できないと

 

腰が痛いからと言って、安易に骨盤や腰の骨を矯正する

または電気やマッサージをかける

 

羽目になってしまいます

 

 

これって、お腹が痛いからとりあえず正露丸を飲んどこう

みたいなものです

 

 

 

我々はプロなので、なぜ腰が痛むのか?を明らかにしなければなりません

 

 

若手の先生方が、WEBから仕入れた安易なテクニック重視の技術に走らず、基礎をベースとした技術を身に付けてくれれば、うれしく思います

 

 

 

齋藤先生、大沼先生頑張ってね(^ω^)

 

 

タグ

Please reload

カテゴリー

アーカイブ

Please reload

タグ

Please reload

『肩こり・腰痛』本気で良くしたいなら、仙台市青葉区の落合カイロプラクティック